経営理念

行動指針

エィ・ダブリュ・サービスは、アイシングループで制定された「アイシングループ企業行動憲章」を当社の企業行動指針として定め、企業倫理・法令遵守の徹底に取り組んでいます。

個別の方針

アイシングループでは、重要なコンプライアンスの個別分野について、アイシングループ企業行動憲章を具体化・補充するものとして、以下の方針を定めています。

地域社会とのかかわり

寄付・支援活動

エィ・ダブリュ・サービスは、学術・教育、地域、福祉、災害支援など幅広い分野を対象に、協力・支援を行っています。

車椅子寄贈 バット&ヘルメットスタンド寄贈
近年の主な支援実績
時期 寄付・支援内容
2011 年 4月 東日本大震災に対する義援金1,000,000円(従業員募集分 233,726円)を、
中日新聞社を通じ、日本赤十字社に送金。
2011 年〜 安城市立 明和小学校へ、新聞1年分・新聞ラックの寄付
2012 年〜 安城市立 明和小学校へ、新聞1年分・新聞ラックの寄付
2012 年 NPO 法人「安城まちの学校」へ、30,000 円/年の寄付
2013 年 安城・刈谷各市の社会福祉協議会へ車椅子計4台を寄贈
2015 年 9月 城ヶ入子供会に寄贈へバット&ヘルメットスタンドを寄贈
2016 年 6月 ペットボトルキャップ、プルタブの寄贈

ゴミゼロ(530)活動

定期的にゴミ拾い活動を行うことで、地域の環境美化維持に取り組んでいます。


定期530活動


2013年9月 従業員・その家族によるゴミゼロ・ウォークラリー

近年の主な支援実績
時期 場所
2012年 9月 AW-S城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
12月 AW-S城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
2013 年 6月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
9月 従業員、およびその家族による、デンパーク外周のゴミゼロ・ウォークラリー
12月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
2014 年 5~7月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
2015 年 7月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
2016 年 5月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺
11月 AW-S 城ヶ入、小垣江物流センター、高棚物流センター周辺

自然環境とのかかわり

環境事業を専門とする当社は、工場・事務所が排出する大気、排水などの有害物質対策や廃棄物問題に取り組み、測定・分析をはじめ、データ解析などによるコンサルティング、さらに原因物質そのものの研究と根本的な解決の糸口となる技術開発を行うことで、エィ・ダブリュ・グループ全体の環境保全活動を積極的に推進しています。

また物流事業では、AT(オートマチック・トランスミッション)の輸送パレットの軽量化や共通化した新しいパレットを開発するなどで、輸送で発生するCO2 排出量の低減や再利用可能な輸送資材の開発に貢献しています。

働く人々とのかかわり

安全の推進

エィ・ダブリュ・サービスでは、「安全最優先」という考えを会社方針に掲げ、全社員が共有し、社員への「安全第一」を徹底しています。また、安全に対する感性を高め、災害を未然に防止するための「安全感性育成教育」の実施や、フォークリフト安全道場の開設、安全運転研修など、社員への安全教育も積極的に実施しています。
そして、仕入れ先を含めた安全協議会や、役員・部門長を交えた安全ミーティング、現場点検などを定期的に行い、会社全体で安全対策に取り組んでいます。


現場点検の風景上:フォークリフト安全道場 
下:安全運転研修(スキッド体験)

社員の健康づくり

毎年の健康診断や人間ドック(30 歳以上)をはじめ、メンタルヘルスセミナーの開催や職場の悩みを相談できる相談員の設置、企業倫理相談窓口の設置、休憩室の設置など、従業員が安心して働ける環境作りに、積極的に取り組んでいます。


管理者向けメンタルケア教育救護室

仕事と生活の両立支援

育児支援

従業員が自身のライフステージに応じて多様な働き方を選択できる環境を整備し、会社生活と家庭生活を両立しやすい環境づくりを推進しています。

介護支援

女性活躍

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づくAW-Sの取組みを下記の通り公開します。

「社員満足」向上への取り組み

社員の意識調査

エィ・ダブリュ・サービスでは、社員の仕事に対する意欲や上司・職場に対する満足度などを毎年調査し、職場環境改善などに活用しています。

ファミリーフェスティバル

毎年開催しているファミリーフェスティバル。ラグーナ蒲郡、ナガシマスパーランドなどのテーマパークで開催し、従業員とその家族でたいへん賑わいます。


ファミリーフェスティバル in ナガシマ

このページのトップへ